日々雑記

世はなべてこともなし

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : 
<< なんか下の記事の見え方が変でして : 

最近の読書(10〜11月初め、一部抜け)

*ダイアナ・W・ジョーンズ『あたしが幽霊だった頃』
『ハウルの動く城』の作者さんやね。前評判が高い作家であるし、
タイトルが素敵なのでとても期待していたけれど、実はそれほど
面白くなかった。同じファンタジーなら
マーガレット・マーヒー『めざめれば魔女』(多少えろいが)とか
ジョナサン・キャロル『月の骨』(超落ち込むけど)の方が好みかな。
勿論、ジョーンズの作品を色々読んでみないと、彼女の作品全体は
分からないけどね。ヒットシリーズ読んでみるかな。

*谷崎潤一郎『鍵』
いやーん 性 格 わ る い !!
というのが読後の端的な感想であります。ひどーい。えげつなーい。
面白い、の種類としては、excitingよりinteresting。
悪魔的趣味とか耽美派とか言われているようですが、実は谷崎は
推理もののような作風、緻密に何かを解き明かしていく、という
ものの書き方がとっても向いているんじゃないかと思う。
つっても、こちらもあんまり読んだことない作家なんです(笑)
次は「痛そう……」と思って敬遠している”耽美派”諸作品に取り組みます。

*森博嗣『θは遊んでくれたよ』
高校時代読みまくっていたミステリ作家、のGシリーズ第二弾。
おいおい、森ってば犀川と四季でどこまで引っ張るつもりだよー、
と突っ込む気持ちは否定できませんが、それにしても面白かった。
何より文章が巧い。端的で明快で、仄かな無駄とユーモアが素敵。
このひとは職業作家の中では出色ですね。プロだわ。
それにしても唯一の難点、カウンタに持っていくのに抵抗を感じる
その恥ずかしい題名の付け方はどうにかならないかい。

*マイケル・カニンガム『THE HOURS』
V・ウルフ『ダロウェイ夫人』に捧げる渾身のパロディ、そして
映画『めぐりあう時間たち』の秀逸な原作。
もう面白すぎて、一言一文一段落が全て光を放ちすぎて、
あまりに勿体無いので読書中断して『ダロウェイ夫人』を読み直し
然る後再開しようかと思った、けど、引力に負けて無理だった(笑)
(そういえば『ダロウェイ夫人』、持ってたんだけど何処に行ったのかな)
こんな風に何もかもを詰め込めたら。全ての無駄と空振りを
凝縮した「人生」に還元できたら。これはもう、絶対買う。
映画も素晴らしいですよ。原作読んでも幻滅しないよ。

*吉行淳之介『女のかたち』
本文というかエッセイというか、のほうは、まあまあそんなもの、
なんだけど、挿絵が素晴らしい! すてき! ときめき!!
角川文庫『ドグラマグラ』の表紙の画師さん、と言って何人が
判るだろうか……。偏執的で精緻で鋭角で妖艶。画の為に買ったんだ。
そんな画師さん米倉斉加年氏は今も健在で、俳優業まっさかりだし
今日気付いたけど朝日新聞に書評まで書いてる。画風と裏腹に
精力的な彼の健康に乾杯☆ (見事なまでに吉行氏を完全無視)

comments(3) : trackbacks(2) : 

スポンサーサイト

- : - : 

COMMENTS

ぱいちんマン : 2010/07/04 10:22 PM

剃毛プレイやっちゃったーー!!ヽ(・∀・)ノ
ナオちゃん現役の看護師だから、ちん毛剃るのやたら上手かったし(笑)
フ ェ ラしてもらったけど、チョー敏感になってめちゃ気持ちいいぞ!!
こんな事でお金もらえるとか、この仕事まじ楽しすぎっすよ!!!!
http://zlxsp37.uto.sirusiru.net/
タランティーノ : 2010/07/12 1:20 PM

うほぉぉぉぉぉぉ!!なんじゃコリャァァァァ!!!!!

工口いお姉さんにめちゃめちゃイかされてぇぇぇぇっ!!!

10万もらったぁぁぁぁぁぁぁ━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━!!!!

http://tdq-8d9.tida.psyrents.net/
へっぽこなめ太郎 : 2010/10/04 3:29 AM

おっさん童★貞が15万ゲットォォォ!!!!
若いコに筆おろししてもらえるとかマジ勝ち組すぐるwwwww

ていうか女とやるって意外とカンタンなんだなwwww
最近じゃ俺のメタボディを武器に、おにゃのこハメまくりっすよ!(*゚∀゚)=3
http://was4fgw.noah.topemope.net/





TRACKBACK

- : 2007/11/19 2:07 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
漏斗胸 : 2007/11/20 7:36 AM
漏斗胸
漏斗胸(ろうとむね)とは、胸の真ん中のちょうど鳩尾(みぞおち)部分が陥没している症状のことで、患部が漏斗の形に似ているところから名づけられました。
TB URL >> トラックバック機能は終了しました。